詩人会議 2021年10月号 特集 土地建物
09/09

●特集詩作品井戸               渋谷卓男更地に水が湧いているそれはちょうど勝手口を出たあたりからころと木のサンダルを鳴らして家族が朝夕出入りしたところ 家屋番号 東京都品川區大井水神町弐〇八六番 木造亜鉛メッキ鋼板葺平家建 居宅壱棟 祖父が建てた家 父が育った家 私が生まれ そして手放した家戸を開けると八手と無花果の木板塀に囲われた庭にも夏になると揚羽蝶が迷い込んだそんな日々の足元に

自由のひろば 風の道   佐藤一恵 詩人会議 2021年10月号より
09/09

●自由のひろば風の道                           佐藤一恵盛夏 日差し避け車ごと逃げこむ大きな木の下ドア全開で本ひらく昼休み木蔭わたる風は線路の向こうの名も知らぬ白い花の香り連れてくるここは私の好きな風の道昔 図書館で見た風の本にあった地球の風は ぶつかり交わり合って世界の平均気温は十五度になっているあの風の本の出版はもっとずっとずっと前のはず温暖化が叫ばれる今日脳内を駆け

詩人会議 2021年9月号 特集 視る
09/09

●特集詩作品絵を描くことは                                       武田いずみ上手に描けないまま歳をとっても何かを見つめ続ける時間の密度で絵を描きたい地面に腰を下ろして日曜日 春の河原へゆく 川ってこんなに真っ直ぐだったのか整った土手のブロック背の高い草の足もとに ペットボトル描く 描かない どうする月曜日きのうの絵と朝食チャンネルを変える 朝刊をめくる誰が正し

自由のひろば 風のさかな  ななかまど 詩人会議2021年9月号より
09/09

●自由のひろば風のさかな                 ななかまど雨が過ぎてベランダに洗濯物を干す。影が部屋中を踊るぶわり。ふわり。バサリ、バサバサ。風の中を泳ぐさかなのよう。とりわけ大きなさかなは新婚の頃造ったアロハシャツ。覚えたてのミシンで造ったそれはベランダを自由自在に泳ぐ。ながいことたんすの肥やしだった。信号待ちで呼びとめられ「手造りでしょう?」と言われた。もう仕立て方も忘れたけれど。な

詩人会議 2021年8月号 特集 8月号
07/22

●詩作品竜宮城          野口やよい祖母の物置には竜宮城をかたどった茶瓶があったそれをわたしは祖母を喜ばそうと磨いたことがあるでも子どもの手でいくら擦っても茶渋は染みついたままがっかりして放りだしたわたしを祖母は諭した よかよか なんでん ほどほどが よか 憎しみだけではない 愛だって 善だって 正義だって――  度が過ぎれば 人の心に眠る竜を 起こしてしまうのだから  たとえおばあちゃんの

ここでは、このサイトの構成を簡単に説明しています。

ホーム このサイトのスタートページです。月刊誌『詩人会議』の最新情報(ブログ)や、入会のおさそい・規約などが掲載されています。左上の「詩人会議」をクリックすればいつでも戻れます。
[詩人会議について] 会の歴史や活動内容などをFAQ形式で紹介しています
[詩人会議の歩み] 発足以来の役員一覧などがあります。
自由のひろば 詩誌『詩人会議』の自由投稿欄についての投稿手引きなどです。いままでの年間最優秀賞一覧も掲載しています。
[作品] いままでの年間最優秀賞作品を掲載しています。
実作教室 詩の実作教室のご案内
 イベント案内   詩人会議が主催する各種イベントをご紹介します。活動の主なものは「夏の詩の学校」や「読者会」などです。
[過去のイベント] いままでに実施されたイベントの記録です。
 アピール  詩人会議が総会などで決議したアピールを掲載しています。
壺井繁治賞    1973年以来の受賞者一覧です。
[アーカイブ] 過去の受賞者の紹介です
新人賞 1967年以来の受賞者一覧です。
[アーカイブ] 過去の受賞者・作品の紹介です。
会員のサイト 詩人会議会員の個人サイトを紹介しています。
既刊リスト いままでの月刊詩誌『詩人会議』の表紙や目次などを載せています。このサイト外のブログにリンクしています。